無添加シャンプーは育毛にいいの?

最近は、無添加シャンプー 抜け毛予防する方が多くなった。そもそも無添加と呼ばれるものは、昔の厚生労働省が定めた体に悪影響を与えることされる旧指定成分(確か102種類ぐらい)を含んでいない物を無添加と呼んでいたりする。ちなみにヨーロッパの方だと、体に有害とされる成分が5000種類ぐらいあるんだよね。だから日本の100種類チョットとは、根本的に基準が違う。また日本の無添加製品の中には、安全性が確認されていない天然由来の物質を使っていることもあるから、本当に安全なのかというと少し心配な気もする。まあ抜け毛予防 シャンプーとしては、余計な成分が含まれていなければいいだけ!無添加シャンプーの中では、S-1無添加シャンプー 口コミあたりの評判がいいね!


posted by プログノ126EXシャンプー at 12:59 | 育毛シャンプーのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頭皮の痒みはなぜ起こるか!

夏になってから、また頭皮の痒みが気になってきました。色々調べてみると夏は皮脂分泌が多くなるなんて話もありますが、どうでしょうか?もちろん頭皮ケア 抜け毛 予防のシャンプーを使っていますが、頭皮との相性が良くないのか気になります。育毛シャンプー 抜け毛予防にはなっていると思うのですが・・・そもそも頭皮の痒みは、フケや皮脂の過剰分泌など色々な要素が考えられます。皮脂の過剰分泌などは、洗浄力の強いシャンプーで皮脂を根こそぎ洗浄することも関係しているそうですから!ですが、いままで気にならなかったのに『何で?』というのが本音!夏は、シャワーの回数が多くなることから、シャンプーの『すすぎ残し』があることも多いみたいです。それが頭皮の痒みにつながっているとか・・・
タグ:頭皮の痒み
posted by プログノ126EXシャンプー at 14:27 | 育毛シャンプーのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育毛シャンプーはアミノ酸系シャンプーが多い理由!

育毛シャンプーと呼ばれる商品の中には、アミノ酸系シャンプーが少なくありません。正しくは、アミノ酸系の洗浄成分を配合したシャンプーという意味ですが、なぜ多いのか不思議です。なおプロピア・プログノ126シャンプーもアミノ酸系の洗浄成分を配合しているんですね。なんでアミノ酸系の洗浄成分が好まれるのか調べてみました。

まず人間の身体の2割程度は、アミノ酸からできているそうですさらに、髪の毛もアミノ酸からできているようです。実際には、アミノ酸が結合したタンパク質の繊維の集まりが髪の毛だそうです。要は、髪の毛や体を構成するアミノ酸を主成分にしたシャンプーは、体に負担をかけない(頭皮や髪の毛へのダメージが少ない)わけです。そのためアミノ酸系シャンプーが人気なんですね。

次に髪の毛がパサつくという現象があります。この髪の毛のパサつきは、キューティクルの保湿成分を担うアミノ酸が減ったことで起こるそうです。キューティクルが減る理由は、色々考えられるそうですが、市販シャンプーのような強い洗浄力があるシャンプーや、頭皮が傷んでいるため栄養が髪の毛まで届けられないなどの原因が考えられるそうです。

この時、髪の毛がパサつくからといってコンディショナーやリンスで髪の毛を保護するケースがありますが、シャンプーを見直す方が正しい選択のような気がします。特にコンディショナーやリンスの類は、地肌につくと毛穴を詰まらせ、抜け毛や薄毛の原因にもなりますから。まず最初にすることは、頭皮に優しいシャンプーに変えることかもしれません。その次にコンディショナーやリンスとなるわけですが、配合されている成分には気をつけたいですね。

そもそも洗浄力の強い市販シャンプーで問題が無い方は、頭皮が健康な方のみです。抜け毛や薄毛を気にしている方には悪影響しか与えない気がします。本来、食物は栄養ある台地から育つように、健康な髪の毛は健康な頭皮から生えてきます。このことを忘れないようにしてください。

以上のことから、アミノ酸系のシャンプーが育毛シャンプーとして人気なのです。さらにアミノ酸は生分解性が高く、石鹸カスが出ないそうです。環境にも優しいシャンプーなのです。

最後に、髪の毛は1日に100本程度抜けるそうですが、それ以上の場合はヘアサイクル(毛髪サイクル)の乱れが考えられます。この場合、頭皮が傷んでいることも考えられるので、シャンプーなどにも気を使いたいですね。
posted by プログノ126EXシャンプー at 16:08 | 育毛シャンプーのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。